アライグマの被害にあったら【会社に駆除を依頼することが大切です】

男性と女性

専門の会社に依頼する

住宅

害獣は自分でも駆除ができますが、専門の知識がなければアライグマの捕獲は難しいため、専門の会社に駆除を依頼することが大事になります。種類はたくさんあるため口コミなどを参考にして探すと良いでしょう。

Read More

害獣の被害を確認する

アライグマ

日本には害獣がたくさんいます。畑を荒らしたり住宅地に侵入してゴミなどを荒らしたり害獣によって被害の種類はさまざまです。害獣の被害にあってしまったら害獣の種類を特定することが大切ですが、害獣は主に夜行性のため人間が起きている朝や昼に姿を表わすことがありません。そのようなときは荒らしたときの足跡などの痕跡を確認することでわかります。痕跡を残していない場合であれば、自動撮影カメラという24時間体勢で撮影をしてくれるカメラを用いることで簡単に害獣の姿を確認することが可能です。最近ではアライグマによる被害が多くなってきているようです。

アライグマの特徴は農作物や家畜のエサなどを食べてしまう害獣で、野生生物も捕食してしまうことから生態系にも影響を及ぼすことがわかっています。また、人の生活にも影響を与えてしまう害獣です。ミカンやブドウなどの果実やトマトやスイカなどの野菜類まで、幅広い食物を食べてしまいます。牛や馬などの家畜の肥料やエサを食べるだけでなく、糞尿などの排泄物もするため、衛生面にも問題があります。糞尿を放っておくとハエやウジが湧いたりしてしまい、大事な家畜を傷つけてしまう恐れもあります。アライグマは水辺にいる魚や魚介類まで食べてしまうことがわかっており、池で鯉を飼っている場合であれば注意が必要です。

アライグマの被害にあったら自分で駆除しようとせずに、専門の会社に依頼することが大切です。専門の会社のほうが簡単に駆除をしてくれます。

見積もりをしてもらう

男性

アライグマを駆除して貰う前に見積もりをしてもらう必要があります。見積もりの金額は被害の大きさや数などで金額が決まります。後々トラブルが起きないように、わからないことがあれば事前に聞いておくと安心です。

Read More

害獣を捕獲する

男の人

捕獲器を設置することでアライグマを捕獲することができます。捕獲器を設置する場所は会社が決めることになり、かかりやすい場所に設置してくれます。駆除できたら料金を支払うことになります。

Read More